大規模修繕で建物や道路の安全を守る|劣化を防いで快適ライフを送る

ジャケットの男の人

防火で大切なこと

建物

火災のリスクを減らすために

建物に対して防火対象物点検が義務付けられるようになったのは、過去の事故によって火災のリスクが認知されたからです。多くの死傷者を出した事故のおかげで、人類は火災のダメージの恐ろしさを認識しました。防火対象物点検は大きな建物にしか義務付けられていません。しかしながら小規模の建物のオーナーが、点検を実施するケースが多々あります。建物のオーナーの責任感の強いからです。防火は強い意識を持つ事が効果的な施策です。現代の生活は火力によって支えられています。よって火災が発生する可能性は様々な場所に存在するのです。今後も火力を利用した設備は増える事が予想されています。だから運営者は防火に対して神経質になっていくのです。

初期の鎮火が重要である

しかし人間はエラーを起こす事は避けられません。よってスプリンクラーの様な設備を頼る事は重要だと言われています。現に防火対象物点検においてもスプリンクラーの数は重要事項です。スプリンクラーが重要視される理由は、初期の鎮火において役立つ存在だからです。鎮火の能力の高さに関しては消防団が最も信頼できると言われています。しかし到着までに時間を要するため、予防のための設備が必要になるのです。火災の規模が小さい間にスプリンクラーが起動すれば、消防団が到着するまでに解決される可能性もあります。それは設備を用意したオーナーにとっても歓迎すべき事態です。なぜなら延焼の規模が広範になった場合、補償額が膨れ上がるリスクがあります。