大規模修繕で建物や道路の安全を守る|劣化を防いで快適ライフを送る

男女

常に安全が大事

電卓を持っている男の人

道路は自動車が走ったり、人が歩いたりする場所としてなくてはならないものであり、常に安全でなければいけません。そのため、定期的に点検を行ない異常があればアスファルト舗装をして修繕していくのです。

詳細

火災による被害を防ぐ

女性作業員

建物による火災を防ぐには、きちん防火の対策を行なわなければなりません。現在では、その防火に対する意識が高まっており、建物などに防災対象物点検を設置するのが義務となっているのです。

詳細

防火で大切なこと

建物

火災の恐ろしさが認識された事により、建物内には防火対象物点検が義務づけられるようになりました。また、防火に対する意識を強く持って対策を行なうことで被害を防ぐことができるのです。

詳細

道路の現状

ビル

日本では埋設物の掘り返しが多い

日本の道路の多くはアスファルト舗装となっています。高速道路や通行量の多い道路はコンクリート舗装が多いのですが、一般道路はアスファルト舗装になっています。日本では多くの場所で上下水道やガスの埋設管が別々になっています。最近は上下水道やガスに加えて電気や電話、光ケーブルのすべてを含む共同溝が設置されるところもあります。共同溝を設けることでメンテナンスは楽になり、道路も掘り返す必要が無くなります。共同溝は工事費が非常に高くなるので現在は一部の地域に限定されておりますが、将来的には日本全国に波及するものと思われます。共同溝が普及すれば道路の堀り返しは必要が無くなりますのでアスファルト舗装より耐久性の良い道路が建設されることになります。

アスファルト舗装は吸水性に優れている

長期的に見るとアスファルト舗装の道路は減少すると見込まれます。自動車の通行量の多いところではどうしても傷みが早くなるので補修を頻繁に行わなければならないからです。しかしながらアスファルト舗装の利点は吸水性に優れていることです。雨が降っても傷んだところ以外では水たまりが出来ることはありません。また、夏の太陽の光を吸収することにも優れておりますので、都心に比べると気温が低くなるのは郊外の方がアスファルト舗装の道路が多いことによります。コンクリートの道路ばかりですと夏にヒートアイランド現象となり猛烈な暑さを呼び込むことになります。したがって出来ればアスファルト舗装の道路も各所に残しておく必要があると思われます。

症状を見つけたら早めに修繕

コンクリートは道路以外にもマンションやビルなどを建てる時などにも利用されることがあります。しかし、マンションなどを建てて年数が経ってしまうとひび割れを起こしたり、塗装が剥がれたりと様々な症状が出てしまうのです。そのため、大規模修繕を行ない症状が出ている場所を直していかなければなりません。大規模修繕を行なってくれる業者は沢山あるため、利用しやすい業者を探して依頼するとよいでしょう。